放射能と水

2011年3月11日に発生した東日本大震災による原発事故の影響で水道水から放射性物質が検出された地域もあり、妊婦さんを始め乳児や小さなお子さんがいるご家庭では大変不安な思いをされている事と思います。

放射能が怖い理由
DNAを傷つけるなど人体への影響が心配されるため
DNAを傷つける活性酸素を水分子を分解することで発生させるから

ということで直接DNAを傷つけるのが活性酸素なわけだから、その活性酸素の発生を抑制できればいいわけです。

ミネラルウォーターの種類の中には抗酸化力を有するものもアリ!

  • プラチナウォーター
  • アルカリイオン水
  • 水素水 など

ミネラルウォーターの選び方を知っておけば、水道水から放射性物質が検出されたとしても慌てることなく妊婦さんや赤ちゃんにも安心・安全な水を選べるようになります。

そこで当サイトでは、東日本大震災後から水道水の放射能汚染を心配されるママさんのために、羊水や母乳に影響する水の大切さや水道水の危険性など、妊婦さんと赤ちゃんのための安全な水選びに役立つ情報を提供します。

ミネラルウォーターなら今現在の放射能汚染の影響なし

ミネラルウォーターは何十年もの時間をかけて地層を通過する過程で水がろ過されるため放射能汚染の影響なし!

今現在、地上で放射能汚染が問題視されていても、地層で何十年もかけてろ過されたミネラルウォーターにその心配はありません。そして今から何十年後の水もミネラルウォーターなら地層のろ過機能により放射能汚染の心配はありません。

これに対し水道水の場合は地層を通過せずろ過されないため汚染が心配されるというわけです。

そこで水の放射能汚染が気になる人は、日頃から抗酸化作用のあるミネラルウォーターの選び方を知っておきましょう。そして日頃からその水を毎日飲む習慣をつけておくといいでしょう。

妊婦さんと子育てママさんが抱える水への不安

  • 妊婦が飲んで大丈夫なのは軟水?それとも硬水?
  • 乳児にミネラルウォーターを飲ませて大丈夫?
  • 妊娠初期に飲んでいい水は?飲んだ方がいい水は?
  • 妊娠15週で水をガブ飲みしているけれどコレって大丈夫?
  • 母乳育児をしている場合、硬水は控えた方がいい?
  • マグネシウム豊富な水を飲んで母乳を飲む赤ちゃんに影響はある?
  • ミネラルウォーターを使ってミルクを作って大丈夫?

等々、多くの妊婦さんと子育てママさんは水に対して様々な不安を抱えています。

このような人は日頃から水の種類や水の選び方、妊娠中や授乳中に取り入れていい水を覚えておくことをお勧めします。

日頃から水について知識を得ておくことで、妊婦さんは自分の体とお腹の中の赤ちゃんを、そして子育て中のママさんはミルクや母乳を飲む赤ちゃんを汚染された水から守ることができます。

日頃から賞味期限切れに注意しながら水の備蓄を多めにしておく。という備えも含めて日常生活で使う水を意識して不安を解消していきましょう。