妊娠中の冷えと肩凝りにも水が効く理由

これから妊娠を希望されている人や既に妊娠中という人の中には”冷え”で悩んでいる人がたくさんいます。それと同じだけ肩凝りに悩む人も少なくありません。

いずれも血行不良が原因なので血行を良くする水を飲むと冷えと肩凝りを解消できます。一般に冷え性を改善するためには、

  • 適度な運動
  • 入浴
  • 体を温める食べ物を食べる
  • マッサージして血のめぐりをよくする

などの方法があります。

でも妊娠中は思うように体を動かせないし、食べ物もつわりがあると思うように食べられない!という人も多い筈。

妊娠中の冷えと肩凝りを水で解消する方法
天然で硬度が高い(200mg/L以上)アルカリ性の炭酸水を飲む!
※コーラなどの炭酸飲料は糖分が多いためNG!

炭酸水を飲むと血中の二酸化炭素濃度が上昇します。すると体はこの状態を「酸欠」と認識することで酸素濃度を高めようと血流をよくします。つまりはこの働きを利用するのです。

そして硬度が高い水にはミネラルが豊富に含まれていて、このミネラルとアルカリ性の水のいずれも新陳代謝を高める作用があるのです。

こうした血行促進効果により全身に血液が行き渡ることで冷えと肩凝りを解消できる!というわけです。

【注意】
硬度の高い水を寝る前に飲まないこと!ミネラルが豊富な分沢山のエネルギーを使わないと消化できないため就寝前に硬度の高い水を飲むと体に負担をかけることになります。

また炭酸水も就寝前に飲むのは控えてください。

冷えと肩凝りを解消するための効果的な飲み方
朝の寝起き、朝昼夜のそれぞれの食事の間、これらのタイミング飲む
それぞれコップ1杯ずつゆっくり飲む
妊娠中でも炭酸水は平気なの?
天然の炭酸水なら平気です。
心配なら飲む前に医師に相談しましょう。