妊娠とカフェイン

元々コーヒーが大好きで毎日何杯も飲んでしまうような人が、妊娠したからといってある日突然コーヒーを断つことなんて無理です。私も無理です。好きだからやっぱり飲んでしまうんですよね。

そこで妊娠経験や出産経験のある友人に妊娠中のコーヒーの摂取について聞いてみたところ、

  • 1日に飲む量を減らして妊娠前と同じインスタントコーヒーを飲んでいた
  • カフェインが入っていれば良かったから、コーヒーを薄く作って飲んでいた
  • 1日3~5杯くらい飲んでたかな・・・
  • カフェインレスのコーヒーに切り替えてコーヒーを飲み続けた

など様々な意見を頂きました。

もちろんカフェインが胎児に与える影響を心配されるなら医師に相談してみるといいでしょうけれど、飲む回数を減らしてコーヒーを普通に飲んでた。という人が多く、それでも健康な赤ちゃん産んでいたので極端に過剰摂取にならなければ大丈夫かと思います。

それでも心配なら今では妊婦さん向けのカフェインレスのコーヒーも売られているので、そちらに切り替えて大好きなコーヒーを楽しむと良いでしょう。

さて本題です。

妊娠中でもコーヒーを飲みたい時は豆にこだわる前に水にこだわること!

ウォーターサーバーで体にイイ水を日頃から飲んでいる人は、コーヒーを飲む時もその水を使えばいいわけですが、そうでない人もコーヒーを作る時は水道水ではなく少なくとも市販されている水を使うよう心がけてください。

そうすることで水道水で作ったコーヒーよりも美味しくなります。

妊娠中は特に飲み水には注意してください。それはコーヒーやお茶など水を使う飲み物全般に言えることなのです。