羊水とアトピー性皮膚炎の関係

羊水とアトピー性皮膚炎の関係は・・・
羊水がキレイなら赤ちゃんはアトピー性皮膚炎にならない可能性が大きい
羊水の状態は妊婦の飲み水や食べ物に影響される
羊水は妊婦が飲んだ水で作られる

体にイイ水もあれば体に悪い水もあります。妊娠中にオススメしたい体にイイ水はアルカリイオン水。逆に妊娠中は控えて頂きたい体に悪い水は水道水や甘く味付けされた清涼飲料などが挙げられます。

近年の研究で汚染された羊水で育った赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になりやすいことが続々と報告されています。

そんな羊水は妊娠中の妊婦が口にした飲み物や食べ物によって環境が変化します。つまり体に悪い水、体に悪い食べ物を主に摂取していると羊水は短時間で汚染されるということです。

解決策
アルカリイオン水がオススメ
飲み水や調理など口から入るものは全てアルカリイオン水を用いる
妊娠する前から日頃からアルカリイオン水を飲む習慣をつけておくとよい

これにより医師の話では、自然な利尿作用で利尿剤なしでも尿量が増えてむくみが解消された。という妊婦が多く見受けられたこと、同時に羊水の状態も良好である人が多い!とのことでした。

そのため赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を予防するために、妊娠中は食べ物だけでなく飲み水も「体にイイ水」を意識して摂ることをオススメします。